いろ覇のFM新参者~フットボールの虜

いろ覇のFM新参者~フットボールの虜

football managerというシミュレーションゲームであれこれやっていきます。気付いたらユナイテッドの事ばかり書いてます

【 #FPL 23/24 】GW38 EzeにとってはEZな最終節だった

最終節はBench Boostを最大限活用出来た訳では無かったが、ダロトの活躍やエゼのEUROメンバー入りを手繰り寄せる見事な活躍などで平均からは20ポイントのリードを確保。

【 #BHAMUN 】大の苦手Brightonに勝利。Højlundは初年度でリーグ戦二桁ゴール達成

過去2年間リーグ戦で勝利が無かった天敵ブライトンと最終戦を戦ったユナイテッド。 やはり主導権は相手に握られたが、今季ずっと取り組んでいたダロトの裏抜けが得点に直結し、ホイルンドも2戦連発でPLでのゴール数を二けたに乗せる快勝。

【 #FPL 23/24 】GW37 初めてTriple Captainをまともに活用出来た回

グヴァルディオル無双は続く。 補強期限ど忘れの大失態後のリカバリーが必要だったGW37では,Triple Captainに前節4ゴールのハーランドを指名してなりふり構わず全力でポイント確保を狙った姿勢が功を奏し、過去最高の130Ptsでフィニッシュ。

【 #MUNNEW 】更に輝きを強めたAmad、この勢いでポジションを勝ち取るかも

アーセナル戦で掴んだいくつかの収穫と試合を落とした悔しさを噛みしめて挑んだ今季ホーム最終戦はニューカッスルに3-2、勝利で締めくくる事に成功した。 1G1Aのアマドは天性のボールタッチと強いキックが蹴れるパンチ力をアピールしレギュラーポジション獲…

【 #MUNARS 】負けは負けだがいくつかの収穫

オールド・トラッフォードの深刻な雨漏り問題が試合内容よりも話題になってしまったアーセナル戦。 失点シーンは完全にボーンヘッドだったが、それ以外をみるとアムラバトとアマドの躍動やアーセナル右サイドを封じ込めたダロトの活躍などポジティブな要素も…

【 #FPL 23/24 】GW36 まさかここでHaalandが大爆発するとは……

GW33から35まで補強戦略のかみ合いと毎回のように突出した活躍をする選手がスカッドにいた事で上々の日々を送っていたが、補強期限を勘違いして何もせずとなったGW36はまさに「悪夢」といっていい内容に

【 #CRYMUN 】暴かれる指導力の差と3人の選手に限界を感じた大敗

グラスナー、テン・ハフ、両指揮官の求心力と指導力の差が分かりやすく現れたセルハースト・パークの大敗。 それ以前の問題としてカゼミロとワン=ビサカは求められる水準に全く達していないので、これならばアカデミーの選手に機会を与えた方が有益かもしれ…

【 #FPL 23/24 】GW35 Gvardiolの得点力が開花か

Gameweek35は補強したグヴァルディオルが大当たりで15Ptsを獲得して自チーム内のポイントリーダーに。 それ以外もニューカッスルデュオやサカが二桁到達と好調の選手が多くまずまずの結果。

【 #MUFC 】2024年夏の選手補強について考える

30歳を越えたベテラン勢の衰えが著しく、更にダロト、オナナ、ブルーノの3名しかフルシーズンを戦い抜いた選手がいないという事で大変革は不可避。 大幅な入れ替えが予想される中、新戦力の優先順位や求めたい基準などを洗い出して来たる移籍市場での動きを…

【 #MUNBUR 】悲しい程にあぶり出される放出候補

ホームにバーンリーを迎えた23/24プレミアリーグ34試合目。 可能性を感じたブレーズ戦の内容は幻だったようで、ポゼッションでの選手の位置取りやマークを剥がす動きの無さは全く改善されておらず、DF-MF間の距離も再び大きく開いていた。

【 #FPL 23/24 】GW34 鬼神の如くPickford

Gameweek34を振り返ると、2試合連続でクリーンシートを達成しリバプールを撃破したエバートンの活躍が目覚ましい。 中でもGKのピックフォードはGW34の2試合で合計18Ptsを稼ぐ見事な貢献っぷりで私自身のFantasyのポイントも90を越える充実の週に。

【 #MUNSHU 】PL5試合ぶりの勝利。新しい風が吹いた?

ブレーズことシェフィールド・ユナイテッドを夢の劇場に迎えて始まったリーグ34節。 試合をコントロールしようという意図はラインナップやピッチ上のパフォーマンスから伝わるが、それが一時のものにならない事を願う。

【 #FACup 】負けに等しい試合。Robins Hoodが敗走寸前まで古巣を追い詰める

サー・アレックス・ファーガソンの成功の礎となった英雄として今でもサポーターに名前が受け継がれているマーク・ロビンズ率いるコベントリーと相対したユナイテッド。 3点をリードしながら勝手に不安定な展開に持ち込んで120分の試合にしてしまう体たらくで…

【 #FPL 23/24 】GW33 今季初の100到達、Palmerがエグ過ぎる

アーセナル、リバプールが破れ首位争いに動きが見られたGW33だが、話題を掻っ攫ったのは1試合4ゴールで一気に得点ランキング1位に躍り出たコール・パルマー。 彼の恩恵にあずかって私自身も今季初となるチームスコア3桁到達!!

【 #BOUMUN 】疑惑のPKが無ければ引き分けすら危うかった

今回のドローでリーグ戦4試合勝ち無しと停滞が続くユナイテッド。失点が毎度同じやられ方でボールロストも悪い意味で再現性が高く、指揮官の求心力は既に消え失せているのだと悲観的にならざるを得ない。

【 #FPL 23/24 】GW31,32 結局同じポイント帯へ収束していく

Gameweek31と32を一挙振り返り。入れ替え期限を寝過ごしてだピンチに陥ったGW31は最後の1試合、CHEMUNで大まくりを決めて平均より10Pts近く加算する事に成功したが、一方で満を持して挑んだGW32はほぼ平均通り。。。

【 #MUNLIV 】未曽有のCBクライシスを救うKambwala

相手のボーンヘッドを見逃さなかったブルーノのロングショットと圧倒的スキルで強引にこじ開けたメイヌーの見事なゴールで一時勝ち越しに成功したユナイテッド。 何故リードできたのか、或いはどうしてそれを守れなかったのかという部分を中心にノースウエス…

【 #CHEMUN 】メディカルと審判に翻弄されたStamford Bridge

今のマン・ユナイテッドに3点を奪われるチェルシー、今のチェルシーに4失点するユナイテッド、それぞれのサポーターが互いの対戦相手の低迷を実感したスタンフォード・ブリッジの1戦を振り返る。

【 #FPL 23/24 】GW30 起用不可が増える恐怖と詰まる日程

アレオラやアケにアクシデントが発生し、更には活躍したゴードンも迂闊な行為で試合終了直前に退場する等次節起用不可という選手が瞬く間に勢力を拡大したGW30。 そして、次節に向けた補強も私自身のうっかりで全く出来なかったので今季最大のピンチ到来

【 #BREMUN 】Bees戦では毎回こちらのディテール不足が露わになる

気温の差とイベントや整理の多さの多さで体調を崩しやすい桜の季節に追い打ちをかけてきたブレントフォード戦の赤い悪魔の戦いぶりから、何が問題であったかをあぶり出して検証していく。

【 #FPL 23/24 】GW29 リーグに大きな影響を与える代表戦の怪我人

FAカップの盛り上がりに押され気味のGameweek29だが、トッテナムが3失点で敗れたりバーンリーがブレントフォードを下したりとこちらもかなり難しい週になった。 また、その後の代表戦で怪我人が出てしまったのでプレミア優勝争いにも小さくない影響を与えそ…

【 #MUFC 】仲間の為に動ける選手を増やさねばならない

先日のFAカップで後半に同点弾を挙げて後の壮大な逆転劇の立役者となったアントニー。 苦境に立たされていた彼を救ったのは右サイドでユニットを組む事の多いダロトであり、今回はそんな彼の言動に目を傾けながらチームに必要なものを考えていく。

北朝鮮戦不戦勝により弱点と正面から向き合う機会を失う

ロングボール対策の無さや即興だよりのビルドアップといったアジアカップ敗退の原因になった部分を修正出来ないままだった北朝鮮とのアジアカップ2次予選。 アウェイゲームでどのような内容を見せるかどうかは現体制を評価する1つの指標になる筈だったが、ま…

【 #FACup 】修正すべき点は多いが理屈を越え余力差と情熱で勝利!!

文字通りの死闘になったリバプールとのFAカップ準々決勝を振り返る。 まず、ハイプレスがハマりユナイテッドが先制したが、ビルドアップでの自滅から前半の内に追いつかれた事に対しての反省が必要。 逆に後半の終盤から延長にかけての変則3バックについては…

【 #FPL 23/24 】GW28 Palmerの安定感は異常。レギュラー1年目の選手とは到底思えない

マンチェスター・ダービーの案の定の結果などタフな週末だったGW27とカップ戦週でこれまた難しい選択が迫られるGW29の間にある閑話休題的な今節。 ホーム2戦のボーンマスに厚く張ったこと自体は悪くなかったが、想定よりもポイントは伸びず。

【 #MUNEVE 】PKWon2つ、より明確に形が見えてきたBrunoのフォルスナイン

ガルナチョの2度のPK奪取でエバートンに完封勝利を収めたマン・ユナイテッド。前節から続くブルーノのFW起用も練度が増して両翼を前残りさせてカウンター特化という1つの形が見えてきた。

【 #FPL 23/24 】GW27 GK選びで大きな後悔残る

今後を見据えてBonus温存を選択したGameweek27。やはり苦しいスカッド事情で、尚且つGKの選出を適当にしてしまった事も裏目に出てポイントは伸び悩んだ。 GW28では新たな故障者をどう扱うか、2試合予定のクラブをどう組み込むかが腕の見せ所になりそうだ。

【 #MCLMUN 】ローブロックで耐え抜こうと健闘も後半は初志貫徹出来ず

エティハド・スタジアムでのマンチェスター・ダービーでは、縦の幅をコンパクトに収めた自陣でのブロック守備からカウンターでワンチャンスをモノにするというプランがハマり先制に成功したものの、時間が進むにつれて出てくる細かい部分での雑さ・未熟さを…

【 #FPL 23/24 】GW26 『つもり』積もって元の木阿弥

数節続いた好調が突如終わり、怪我人続出や自身の設定漏れなどで一気にピンチに陥ったGameweek26。 それでもなお各種Bonusを使い渋らなければならないのは3節後にFAカップの影響で僅か4試合しか開催がない節を控えているから。

【 #FACup 】身体出力不足を感じる試合が続く

終盤にセットプレーからカゼミロがゴールを決めて何とか勝利したユナイテッド。 プレミアのクラブと対戦すると毎回と言っても過言ではないくらい単純なパワーやスピードで負ける場面が多く、スカウティング・リクルーティングからもう少しこの部分を重視する…