いろ覇のFM新参者~フットボールの虜

いろ覇のFM新参者~フットボールの虜

football managerというシミュレーションゲームであれこれやっていきます。気付いたらユナイテッドの事ばかり書いてます

サッカー

【 #FPL 23/24 】GW26 『つもり』積もって元の木阿弥

数節続いた好調が突如終わり、怪我人続出や自身の設定漏れなどで一気にピンチに陥ったGameweek26。 それでもなお各種Bonusを使い渋らなければならないのは3節後にFAカップの影響で僅か4試合しか開催がない節を控えているから。

【 #FACup 】身体出力不足を感じる試合が続く

終盤にセットプレーからカゼミロがゴールを決めて何とか勝利したユナイテッド。 プレミアのクラブと対戦すると毎回と言っても過言ではないくらい単純なパワーやスピードで負ける場面が多く、スカウティング・リクルーティングからもう少しこの部分を重視する…

【 #MUNFUL 】Højlundの個人能力で成り立っていた脆い連勝

時間が経つにつれてズルズル下がるDFライン、後ろが連動しない中で単騎の前線プレスを行うブルーノ、明らかにミスマッチなマーク管理を修正出来ないCK守備、2-1-7でアンカーをエリクセンに任せるリスクマネジメント不足、守備だけ見てもこれ程問題が出てくる…

【 #FPL 23/24 】GW25 好調持続。ようやく骨格が固まってきた感覚

Gameweek25もホイルンド全ぶっぱで得点を稼ぎ、84Ptsは私個人の今季ベスト。 2節後のマンチェスター・ダービーは1つのターニングポイントになるかもしれない。

【 #LUTMUN 】またしても綱渡り。感情任せのスタイルズからの脱却を

開始1分を待たずとして相手のボーンヘッドから先制点を奪い、更に2点目もすぐさま記録したユナイテッドだったが、それ以降はWBシステムに対しての守備のルールの曖昧さと高い位置を取れないCBユニットの合わせ技で常に劣勢だった。

【 #FPL 23/24 】GW24 全体アベレージは高いがこちらも悪くない

GW24、流石に80ポイント継続とはいかなかったがアベレージより上でフィニッシュし、個人得点2ケタが3人(キャプテン込みだと4)と好調を維持。 ハーランドを戻すタイミングもベストだったと思うので個人的満足度も比較的高い。

【 #AVLMUN 】課題も見えたがPL3連勝。途中出場のMcTominayの得点率は異常

またしても途中出場のマクトミネイというゲームチェンジャーによって劣勢の試合をモノにしたユナイテッド。しかしながら内容としてお世辞にも褒められたものではなく、特にヴァランへの懸念は日に日に増していく。

【 #FPL 23/24 】GW23 Højlundに全てを委ね久々の80越え

Gameweek23、ホイルンドに全てを託した節で狙い通りのポイント加算に成功し86Ptsと今季ベストタイのスコアを記録した。 また、リーグ全体に目を向けるといよいよハーランドが本格復帰で次節以降のFPLはまた1つ動きがありそう。

【 #MUNWHU 】良い意味で待てるようになり始めた結果の快勝

ホイルンドの見事なキックフェイントとガルナチョのゴールパフォーマンスが印象に残ったウエストハム戦。 前節で感じたポジティブな変化が継続していた点は喜ばしいが、リチャの戦線離脱は大きな痛手に……

【 #WOLMUN 】手放した勝ち星を再び手繰り寄せるMainooの超絶技巧

前半の25分までは完璧といってもいい試合運びで2点リードを奪ったマンチェスター・ユナイテッドだが、WBに対する守備のルールが曖昧で結局はいつも通りギリギリまで勝敗の分からないシーソーゲームになってしまった。そんなチームを救ったメイヌーのスーパー…

【 #FPL 23/24 】GW21,22 一過性の好結果で終わらせたくない

自分自身のスカッドのRound Scoreとリンクするような形で不調を脱したサカや、復帰早々ゲームをひっくり返してしまったデ・ブライネを中心にピックアップ。 Gameweek21は開催が週を跨ぐ変則日程で、ついつい更新が遅くなってしまった。

【 #NPCMUN 】先が思いやられる休暇明けの緩さ

相手がLeague Twoのクラブという事で何処か慢心があったように見えるユナイテッド。しかし17本もシュートを撃たれ一時は同点に追いつかれるなど内容的にはとても3カテゴリー上のクラブとは思えないもので多くの不安と課題が詳らかに。

賢い選手は何人いてもいい。とにかく気が利く毎熊

試合開始早々にPKで先制点を奪い、終盤にロングスローで失点を許したものの3-1で勝利しトーナメント進出を決めた日本代表。 そんなサムライブルーの中で不調の菅原に代わって先発した毎熊を今回はピックアップ

【 #MUNTOT 】攻撃陣に復調の兆しも……CK守備の見直しは急務

ドローに終わったスパーズ戦の反省点はまずセットプレー。 ニアポストにラッシュフォード、ファーポストにダロトというのが今のCK守備の配置だが、ダロトは競り合いにも非常に強いのでここをハイボールが苦手な選手と入れ替えた方が良いと思う。

【 #FPL 23/24 】GW20 AFCONとアジアカップを念頭に置く

Gameweek20は次節から1ヶ月強続く2つの国際大会の参加選手を考慮しながらのスカッドの組み換えが求められるテクニカルな節になった。 そんな中でダウティーのような隠れた宝をどれだけ見つけ出せるかどうかが今後の課題。

【 #MUFC 】シーズン前半戦の選手評価

マンチェスター・ユナイテッドの2023/2024シーズン前半の選手評価をトップチームのメンバーを対象に行った。 最高点としたのはディオゴ・ダロトとコビー・メイヌーで、得点力不足を重く受け止めて全体的にアタッカーは低めとした。

【 #WIGMUN 】新年初ゴールは好パフォーマンスを続けるDalot

2024年最初のゴールスコアラーになったのはペナルティボックス外からミドルショットを沈めたダロトだった。 League Oneのウィガン相手に9本もシュートを許した点については不安が募る。。。

【 #NFOMUN 】意図の掴めぬ交代と一貫性なき判定

試合序盤から集中力を欠くワン=ビサカ、HTから「アンカー」で起用されたマクトミネイという分かりやすい個人の要素以外にもポゼッション時のオフ・ザ・ボールの少なさや守備のコミュニケーション不足といったチーム全体の問題も顕著に。

【 #FPL 23/24 】GW19 荒れが前提になるボクシングデー

ボクシングデーの魔物に振り回されたGameweek19。信用できるのはソランケしかいないというような結果だったが、1人掘り出し物を探しだせた点は良かったと思う。

【 #MUNAVL 】おめでとうHøjlund!! 2点ビハインドをひっくり返す

アストン・ヴィラ戦の勝因は相手がオフサイドトラップ狙いのハイラインを一貫して続けた点にあると思われる。 セットプレーからの連続失点でオースティン・マクフィの優秀さをまざまざと見せつけられた後、まさかこのような劇的な逆転劇が待っているとは思い…

【 #FPL 23/24 】GW18 Solankeと10人の仲間たち

Gameweek18、スコアを加算できたのはひとえにソランケの圧倒的なパフォーマンスのお陰で、全体のアベレージの伸び悩みも頷けるような難しい節だった。 縁起が良いので次節もキャプテン継続で行こうと思う。

【 #WHUMUN 】緩慢な空気感のまま必然の敗戦

ポゼッション時の3人目,4人目の動きがとにかく少なく、守備では相手のその動きに対して全く対応出来ずに失点。 選手たちは明らかにやる気のないチームを見せ続けられるファン・サポーターの気持ちを慮って欲しい

【 #FPL 23/24 】GW17 勝負に出た試合であんなことになるなんて

wildcardを使用して勝負に出たGameweek17だったが、その中でもソランケをキャプテンに指定するなどとりわけ重要視していたボーンマスの試合がまさかこのような形で中止になるとは……

【 #LIVMUN 】スタッツほど一方的でなく、今できる最善の戦い方でドロー

ホイルンド-マクトミネイの1stプレス隊以外はローブロックで構えた割り切った戦い方で勝ち点1を持ち帰ったユナイテッド。 ダロトがアムラバトの横に入る3-2のビルドアップは一定の成果を挙げ、メイヌーはこの高水準のゲームでも技術的に抜けて上手く映った。

例のリストを個人的基準で作成してみた

ギャリー・ネビル、ジェイミー・キャラガーらがマンチェスター・ユナイテッドの現所属メンバーを3つに分類わけした話題の動画について、私自身も独自の基準でリストを作成してみた。

【 #FPL 23/24 】GW16 大恐慌、季節外れの桜桃艶めく師走

Gameweek16は中位のクラブの躍進が目立ち、中でもマンチェスター・ユナイテッドに完勝したボーンマス、2試合連続5得点のフラムはセンセーショナルだった。 年末に入り試合日程が詰まっていく中で、怪我のみならず退場やイエローカード累積による欠場にも注意…

【 #MUNBAY 】最下位で敗退。ペナルティボックスに侵入することもままならず

勝利が前提という最終節、奮起に期待したがマン・ユナイテッドのプレーは悪い意味で普段通り。 強度不足と相手の身体の向きを変えさせるような動きの少なさはもうずっとこのチームの課題。

【 #MUNBOU 】低い位置から明確な意図なく浮き球のパスを出す事をやめよう

チェルシーに勝利して勢いに乗りたかった所だが、ビルドアップの度重なるエラーが響き好調チェリーズに3失点&完封負け。 ルーク・ショーのCBが知性の部分で現状厳しいという事がよく分かったのと、ブルーノのイエローカードの貰い方に心底がっかりした試合。

【 #FPL 23/24 】GW14,15 完膚なきまでにボコボコにされました

Gameweek14及びミッドウィークのGameweek15の振り返り。 いずれもアベレージから10点以上離される苦しい結果となったが、特に選手のやりくりで損失を最小限に抑えられたはずのGW15は今でも後悔しかない。

【 #MUNCHE 】求心力低下の報道を一蹴するような前線プレス

今季、リーグ戦でBIG6相手に1勝3分けと負けが無かったチェルシーに対して数多くのビッグチャンスを作って勝利したユナイテッド。 フィニッシュの質やハイプレスをひっくり返された際の脆さなど、まだまだ課題は山積しているが「情熱,献身性」という部分で一…