いろ覇のFM新参者~フットボールの虜

いろ覇のFM新参者~フットボールの虜

football managerというシミュレーションゲームであれこれやっていきます。気付いたらユナイテッドの事ばかり書いてます

ブルーノ・フェルナンデスのPKの傾向

どうも皆さんこんにちは、いろ覇です。

直近のフットボール界はエル・クラシコの話題で持ち切り。

肝心の試合はと言えば雷鳴の響く激しい雨の中レアル・マドリーが2vs1で勝利しましたがこのブログでは普段通りプレミアリーグ、そしてマンチェスター・ユナイテッドにまつわる事柄を触れていきます。

 

 

 

はじめに

 

今回はマンチェスター・ユナイテッドのエース、ブルーノ・フェルナンデスのペナルティキックに焦点を当てた記事となります。

最近の試合でブルーノのPKについてGKに読まれているケースが多い様に感じたのでユナイテッド入団後のキックを全て見返してみて何か特徴があるのかどうかを調べていきます。

 

対象期間はマンチェスター・ユナイテッドでの初出場となった2020年2月1日のウルブス戦から今日2021年4月11日までとなります。

 

 

試行回数20回(蹴り直しを入れると22回)、65%が左下へのキック

 

まずは全てのPKを表にしてみました。

f:id:irohasesun-fm-foot:20210411141100p:plain

 

およそ1年と2ヶ月の間に20回ペナルティキックを蹴って失敗は僅か1度、成功率は95%とPKの名手と言える好成績をマークしているブルーノ。

 

PKの成功率は平均するとどのコンペティションでも70%台後半から80%強の間に収まるので、彼はPKを得意にしていると判断していいと思います。

 

また、ゴールマウスを縦に2分割するとゴール上部へ蹴ったのは昨シーズンのELセビージャ戦、そして今シーズンのPLブライトン戦、WBA戦の3度のみで基本的にはグラウンダーか低い位置を狙ったキックを試みている事も分かりました。

 

さらにハッキリとした傾向が現れているのは真ん中上、真ん中下へのキックがこれまでに1度も記録されていない事です。

これはGKの動きをギリギリまで見定めて反対方向へ蹴ろうとするブルーノのシュートモーションが絡んでいるのかもしれません。

 

という事でキックの方向について円グラフ化してみる事に

f:id:irohasesun-fm-foot:20210411144604p:plain

圧倒的左下。

全20回中13度は左下へのシュートで特に直近5回はいずれもこのコース。

マンチェスター・ダービーグラナダ戦と2度続けてGKにコースを読まれてボールに触れられているのもおそらくこの傾向から飛ぶコースを最初から決めていたのでは。

 

また、PK研究の権威が語る、奥深き世界「ゴール上隅に飛んだPKのストップ率は0%。だが…」 | REAL SPORTS (リアルスポーツ) | スポーツの"リアル"を伝えるという記事によればGKはライン上の中心から少しだけ左右どちらかにズレる位置取りをする事によってキッカーをある程度の割合でコントロールできるという研究結果があるそうなので実際に確かめてみたところ、確かにグラナダ戦ではGKのルイ・シルバがややゴール右側に寄っているように見えたのでやはり左下に誘導していたのかもしれない。

 

 

ブルーノの強みはシュートモーション、シュートコースと2度GKに選択を迫る事が出来る点にある?

Embed from Getty Images  

 

ブルーノのペナルティキックで一番特徴的なのはキックの直前に挟むステップ。

主にGKのタイミングをずらす目的でやっていると思うのですがこの動きは保険にもなっています。

 

例を挙げるとCLパリ戦、続くPLのWBA戦ではどちらも一度GKにコースを完璧に読まれてしまいセーブされてしまうのですがVARの結果ブルーノがボールを蹴る前にGKがゴールライン上から外れてしまったという判定でどちらも蹴り直しとなり2度目はいずれのケースでも成功させています。

f:id:irohasesun-fm-foot:20210411153426p:plain

(参照:Highlights | Rashford wins it late in Paris again! | PSG 1-2 Manchester United | Champions League - YouTube)

 

平均的なキッカーの場合GKが選択を迫られるのはシュートコースとその威力ですがブルーノの場合には更にキックに至るまでの助走パターンが数種類存在しているので仮にコースを読むことが出来たとしてもタイミングを外される、またはタイミングを合わせる事には成功しても届かない場所へ蹴られてしまい結局彼の術中にはまるという場面を何度も見ています。

 

これまで確認されているPKのパターンは通常通りの助走、上記のステップありパターン、助走なしのノーステップキックの3種類です。

 

因みに彼が唯一失敗という結果を公式記録に残したニューカッスル戦ではこのステップは無く通常通りのキックでした。

 

 

 

ここまでは彼のPKを褒めたたえるような内容でしたが個人的にはあまり真似しない方がいい蹴り方だと思っています。

余程の技術がないとあの蹴り方でコースと速さを維持したシュートを撃つ事は……

ステップをいれてコントロールと威力を保つ事は容易ではなく、基本的にペナルティキックはシュートスピードが速い方が例えコースを読まれたとしても得点になるケースが多いです。

 

また、最も重要になるメンタルの強さという面においてもこれを実際の試合でやってのけるタフさを兼ね備えるプレイヤーはそう多くないのでは。(ブライトンの事を言っている訳ではありません🙄)